<< 好きだ、 | HOME | 容疑者Xの献身 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
月と蟹
JUGEMテーマ:小説全般
 


道尾さんの作品を読むたびに、
幅広い小説を書く作家さんだなぁと思います。

でも文章はいつも胸に突き刺さるようで、
クライマックスは息をのむようなハラハラするような気持ちになります。

この本は面白いというよりちょっと重かったかもしれません。

終章でちょっと救われたので良かったですが、
全体的に暗い気持ちになる作品でした。

おじいちゃんがいなかったら最後まで読むのをやめたかも(笑)



私が今まで読んだ道尾作品は
『背の眼』と『片目の猿』なんですが、
『月と蟹』はどっちとも違う感じでした。

私はやっぱり『片目の猿』みたいなのが好きですね。
| | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -


COMMENT


POST A COMMENT









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK



ナンプラー日和

何事も続けられない大学生が
頑張って続けようとする徒然日記。

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECOMMEND
LINKS
OTHER


MOBILE
qrcode